0. コンテストに参加する前に

ユーザ登録を行っていない参加者は、ページ右上の「新規登録」から、ユーザ登録を行いましょう。
ログイン後にコンテストトップページ下部に表示される参加ボタンを押すことで参加登録できます。
ユーザ登録をしていても、参加ボタンを押さないとコンテストに参加できないので気をつけましょう。
コンテストトップページに参加登録ボタンが表示される場合は、参加登録が出来ていません。
参加登録ボタンを押して参加登録をしてください。

1. 問題を解いて提出しよう

1. まずコンテストが始まったら問題タブをクリックして、問題を確認しましょう。
2. この 4 問が今回のコンテストの問題です。
なるべく多くの問題を早く解くことが目標になりますが、どの問題から解いても構いません。
まず、今回は問題 A を開いてみましょう。
注) 問題が表示されない場合は参加登録できていない可能性があります。
参加登録されているか確認してください。
3. 問題を良く読んで解き方を考えましょう。良い方法が思いついたら自分のエディタでコードを書いてみましょう。
入力は標準入力から、出力は標準出力で行います。
解き方が思いつかない時は、問題タブをクリックして問題一覧に戻っても構いません。自分が解ける問題から解いていきましょう。
4. コードが書けたらまず自分の環境で実行してみましょう。文法エラーが無ければ、入力例を入力してみましょう。
出力例と同じ結果が出てきましたか?出力結果と出力例が一致してない場合はデバッグを頑張りましょう!
5. 入出力例に対して正しい解答が出たら提出してみましょう。まず、提出タブをクリックします
6. 自分の書いたコードを提出しましょう。
①問題選択プルダウンから、答えた問題を選択しましょう。今回の場合は A 問題を選びます。
②言語選択プルダウンは、書いたコードの言語を書きましょう。これらを間違えると正しくジャッジしてもらえません。
③ソースコード入力エリアに自分の書いたコードを貼り付けましょう。
良く確認したら「ソースコードを提出する」ボタンをクリックして提出しましょう。
7. これで提出完了!でも終わりではありません。ジャッジにあなたの書いたプログラムが正しいか判定してもらいましょう。

2. 提出結果を確認しよう

1. あなたの提出したコードが正しいかジャッジが判定してくれます。
提出した直後は結果画面に遷移していますが、遷移していない場合は解答タブから自分の解答をクリックしましょう。
2. ここにあなたが提出した結果が表示されます。
WJ と表示されている場合はジャッジ中ですのでページを更新してみてください。
おや、WA(WrongAnswer:不正解) と表示されていますね。何かが間違っていたようです。
何が間違っていたのか「詳細を確認」を押して見てみましょう。
3. あなたのソースコードやスコアやソースコード長などが書かれています。テストケースという部分を見てみましょう。
ほとんどのテストケースでは AC(Accepted:正解) と表示されていますが、いくつかのテストで WA(WrongAnswer:不正解) と表示されています。
ある入力を与えたときに間違った答えを出力してしまっていたようです。残念ながらそれがどんな入力かは教えてもらえません。
再度エディタに戻って自分のコードを見直しましょう。

WA 以外にも CE(CompileError:コンパイルエラー)、MLE(MemoryLimitedError:メモリ不足エラー) など多くのエラーがあります。
4. さて、コードを書き直して再度提出しました。
もう 1 度解答画面を見てみると、2 回目の提出なので 2 つ結果が表示されていますね。AC と表示されているので、正解です!
5. 正解するとあなたに点数が与えられます。
安心するのも良いですが、また問題一覧画面に戻って残りの問題に挑戦していきましょう!
不正解が出てしまった場合は同じ問題に何度も挑戦しても良いですし、別の問題を解いてみても構いません。

3. コンテストが終わったら

1. 自分の順位を見てみましょう。順位表のタブをクリックすると順位を見ることができます。
2. 順位表では順位の他にもいろいろな情報を見ることができます。
この順位表はコンテスト開催中でも見ることができるので、コンテスト中に他の参加者の途中経過を確認するのも良いでしょう。
①獲得得点 その問題に正答していれば獲得得点が表示されます。
②誤答数 AC が出るまでに間違えた回数が表示されます。
③経過時間 コンテストが開始されてから、その問題が AC されるまでにかかった時間が表示されます。
④合計獲得得点 各問題で獲得した得点の合計が表示されます。この値が大きい参加者ほど順位が高くなります。
⑤最大経過時間 解けた問題の中での経過時間の最大値に、ペナルティタイムを加算したものが表示されます。合計獲得得点が同じ場合はこの値が小さい参加者ほど順位が高くなります。
なお、ペナルティタイムは、誤答の回数×5分となります。このペナルティタイムは正答できていない問題には発生しません。
3. 解けなかった問題は他の人のソースコードを参考にしてみるといいかもしれません。すべての結果をクリックしてみましょう。
なお、コンテスト中は人のソースコードを見ることはできません。
4. 絞り込み検索から問題や言語を絞って検索してみましょう。③状態選択を AC にして検索するのが良いかもしれません。
ソースコードを見るには詳細を確認をクリックします。
5. 人のソースコードを読んでみるのも良い勉強になります。コンテストの問題はコンテスト終了後も過去問として解くことができます。
コンテスト終了後も解けなかった問題は他の人のコードを参考にして、是非 AC 獲得目指して頑張ってください。

0. Before Joining the Contest

If you have not completed user registration.
You can register by logging in first and pressing Join Button at the bottom of the top page of the Contest.
Please note that logging in will not automatically enroll you in the contest unless you pres Join Button.
In case the Join Button is still displayed on the top page, you are not registered yet. Press Join Button and proceed to register.

1. Solve the problem and submit.

1. When the contest starts, click TasksTab
2. These four problems are to be solved at this contest.
We encourage you to solve as many problems as possible but you can start in any order you prefer.
Let us open the problem A this time.
NOTE: If the problem is not displayed, you may not be registered to the contest yet.
Check again to see if you have join the contest properly.
3. Read the problem thoroughly and think how you want to solve it.
When you come up with a solution, try and write code on your editor.
Use Standard Input for input, and Standard Output for output.
If you can't come up with a solution to the problem, you may click "Problem" Tab and go back to the list of the problems. You can tackle them in any order.
4. When you are done with writing code, execute it in your environment. If there is no grammatical error, enter an input example.
Did it return the same result for an output example? If the output result and the output example do not match, work on debugging!
5. When you get a correct answer for the I/O examples, submit it. First, click Submit tab
6. Hand in code you have written.
①From the pull-down menu to select the problem, choose the problem you have solved. This time, choose the problem A.
②From the pull-down menu to select the language, write the programming language in which you have written code. If you fail to do so, your solution will not be judged correctly.
③In the area to input the source code, paste the code you have written.
After double checking it, click Submit your answer to submit.
7. Now you have successfully submitted your solution! It is not over yet. Wait for Judging process to evaluate if your program is correct.

2. Check the result of your submission

1. Your submitted code will be evaluated by judge to see if it is correct.
After submission, you will be directed to the result page. If it does not happen, you can also find your solution in "Results" Tab.
2. The result of your submission will be displayed here.
If WJ is shown, that means your submission is still being judged. Refresh the page to see if it's up.
Well, looks like you got a wrong answer (WA). Something must have been wrong.
Press Details to check what was wrong.
3. Here, things like your source code, score and such are listed.
Let us take a look at the part which says Test case.
Most test cases are listed as AC(Accepted) but there are WA (Wrong Answer) in some test cases as well.
Looks like you have enter a wrong solution when giving a certain input. Unfortunately they can't tell you what kind of input it was.
Go back to your editor again and review your code.

In addition to WA, there are many other error such as CE(CompileError), MLE(MemoryLimitedError), and such.
4. Okay, you have fixed code and submitted once again.
Now, if you look at the solution screen, you will find two results as you have submitted twice.
You got AC, meaning your answer is correct!
5. When your solution is accepted, points will be given to you.
Go back to the list of problems and tackle the rest of the problems.
Even if you have gotten a wrong answer, you may still try the same problem or start another one.

3. After finishing the contest

1. Find out where you are in the ranking. Click Standings Tab to see your ranking.
2. You can also check other information on the leaderboard.
You can also open the leaderboard during the contest as well to see how other contestants are doing.
①Earned Points If you have given a correct solution to the problem, your earned points will be shown here.
②The number of wrong answers The number of times you have submitted wrong answers until your answer was accepted will be shown here.
③Spent Time Amount of time spent until your solution was accepted, starting from the beginning of the contest, will be shown here.
④Total Score The total score of each problem's earned points will be shown here.The bigger number this score is, the higher place the contestant will be placed.
⑤Maximum Spent Time Out of the problems you have solved, the longest time spent on one will be combined with the penalty time and shown here. If there are multiple contestants who earned the same points, whoever has smaller value on Maximum Spent Time will be placed higher in the ranking. Note that the penalty time will be added: the number of times you submitted your wrong answers × 5 minutes The penalty time will not be accumulated to the problem you did not submit a correct solution.
3. It may be helpful for you to check out other contestants' source code for the problem you could not solve.Click All Results.
Please note that others' source code cannot be displayed during the contest.
4. You can refine your search by narrowing the list to a specific problem or programming language.
It may be best to select AC on Select the status. If you want to see source code, click Details.
5. It will be useful for you to read other people's source code as well.
The problems given at the contest will still be available to solve as a part of the past problem collection.
We encourage you to strive to get AC even after the contest is over, referring others' works.